お通じが悪いなら食べ物で改善しよう|お腹スッキリ

メジャー

中年以降は気を付けて

お腹

腹筋が落ちてきた証拠

ぽっこりお腹は、女性なら経験しやすい現象です。若い人でも出ている人が多いのですが、中年以降になると、さらに出やすくなってきます。若いころに比べると、筋力も落ちてきて、なかなか腹筋が鍛えられないというのも原因です。そして、内臓も徐々に下に下がっていきます。腹筋がなくなってくると、徐々に内臓が下がってくるので、ぽっこりお腹が出来てしまいます。特に女性は、出産を経験すると、子宮が緩んでしまうので、そのために、緩んだ子宮に内臓が入っていくために、ぽっこりお腹になるケースも多くあります。出産を経験した後の産後にしっかりと骨盤をしめて、緩みを補正していると、この中年以降のぽっこりお腹も抑えることが出来ます。でも、なかなか出産後にすぐに、骨盤をしめる事が難しいです。少しずつ運動を取り入れて、腹筋を増やすことで、ぽっこりお腹がでていくスピードを抑えることは出来ます。そして、緩んだおなかには脂肪もつきやすくなっていくので、より一層おなかが出ていくことになります。運動をすることだけでは追いつかない場合には、各種サプリメントを飲むことで、内臓の脂肪を減らしていく方法もあります。皮下脂肪と内臓脂肪を減らすことで、たるんでしまったお腹の肉を減らすことが出来ます。内臓を引き上げる運動とともに行うことで効果は倍増していきます。運動と脂肪を燃焼させる食品との相互をとることで、中年以降もスリムなお腹をキープすることが出来ます。